皮膚科で行う治療

医師と患者

多くの皮膚科でほくろ除去の治療を行っています。皮膚科で行われるほくろ除去にはいくつかの方法があります。ほくろを切り取って縫い合わせるという外科的な方法や、レーザーによる治療です。これらの治療を受ける際には注意点があります。前者は再発する可能性が少ないというメリットがありますが、へこんだ治療跡が残ってしまうことがあります。また後者は治療の跡はほとんど残りませんが、再発してしまうことがあります。皮膚科でほくろ除去の治療を受ける際に覚えておきたいことは、ほくろは根が深いことがあるということです。ほくろの根が深ければ、再発する可能性が高くなります。再発が心配な場合は、ある一定期間保証制度を設けているクリニックを選ぶことをおすすめします。

皮膚科で受けられるほくろ除去の治療にはいくつかの方法がありますが、おすすめするのはレーザーによる除去です。跡が残りにくく、きれいに除去できるのは炭酸ガスレーザーによる治療です。炭酸ガスレーザーをほくろに照射すると、ほくろの組織が水分と一緒に蒸発してなくなってしまうというメカニズムです。数回で丁寧に治療することで、跡が残らずにきれいに取り除くことができます。直径が2ミリ以下の小さなほくろであれば、治療時間はたったの5分から30分で良心的な料金設定のクリニックもあります。また治療後は通院する必要がないということです。小さなほくろであれば、治療した翌日からメイクして通勤することが可能な場合もあります。